医師会の仕事

2-1.病診連携・生涯教育・学術−病診連携


病診連携担当の仕事

 昨今の日本社会における超高齢化や疾患の多様化により、診療所と病院の連携の在り方も変遷しつつあります。「診療所から専門医のいる病院へ紹介」という従来からある連携のみならず、病院へ通院中で、安定期にある患者さんを診療所に紹介するためのシステムを作ったり、在宅で療養中の患者さんが、なんらかの理由で急に入院が必要になったときにスムーズにベッドが確保できるよう、バックベッドシステムを構築しています。また、最近増えている自然災害に備えて、災害時における医療連携についても検討・協議しています。

 北区医師会は、現在、大阪市北区内の7つの病院(大阪府済生会中津病院、大阪中央病院、北野病院、桜橋渡辺病院、住友病院、行岡病院、加納総合病院)と定期的に協議する場をもち、先述した内容などをテーマとして、互いに意見交換しながら、連携の深化に努めています。今後も時代に応じて、患者さんがどのような状況にあろうと、シームレスな医療を提供できるように、検討を重ねていきたいと考えています。

(2018年8月:担当理事 米田 円)