医師会−ごあいさつ


田淵 義勝  
タイトルイメージ

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が国外、国内に始まってから、はや一年が経とうとしています。冬季にはいり、ウイルスの活動がさらに大きくなり、第3波は収まるどころではありません。今回の波は重症者の高齢者の割合が多く、亡くなられた方も著増しています。すでに大阪は医療崩壊になっているとも言われています。引き続き感染防御に気を付けていただき、コロナ肺炎にならないように注意することに加え、生活習慣病のコントロールに努め、できるだけ脳卒中、心筋梗塞などにより救急車で運ばれることを避けなければなりません。医療の非常事態のあいだは不要不急の外出は避けましょう。発熱等調子の悪いときは早めにかかりつけの先生とまずは電話で相談してください。適切な指示を受けることができると思います。自分はコロナにかかっていないと思い込んで、事前連絡せずに直接診療所に受診しないでください。